データサポートの記事:iPhone修理できること、修理できないことをまとめました。

サイトマップ
発送手順から作業終了までの流れよくあるご質問
2018年3月 9日(金)

iPhone修理できること、修理できないことをまとめました。

iPhone修理ができるるかここまで曲がったiPhoneは修理できないです↑
画面がリンゴマークから動かないAppleで修理不可能と診断されたら、ご相談ください。リングマークを解除しデータを残して修理します。

状況によって、リンゴマークが外れてもデータが戻らないこともあります。

!できないこと:自分で何回もトライして来店される方はリンゴマークが外れても初期化されたiPhoneを見かけます。iPhoneは初期化したらどのようなことをしてもデータは戻せないのでご注意ください。

iPhoneのバッテリーは消耗品で発売されてからiPhone6は4年の月日がたっています。弱ったバッテリーを使っている方がリンゴマークのトラブルに多いです。
落下し電源が入らないiPhoneを落としてしまい画面がヒビは入っただけでなく電源も入らなくなりました。電源が入らなくなると交換するしか方法がないですが、画面がヒビが入ったでけでそのまま使っている方も多いですが、いざ画面が動かなくなると、液晶パネル交換では元に戻らないこともあります。
!できないこと:画面操作ができなく写真が消えた場合、写真が復旧ができないこともあります。
早めの液晶交換で元の状態に戻ることもあります。データや設定内容は残っています。
調子の悪いiPhone最近、iPhoneの調子が悪く液晶を開いてみたら水没マークが赤に。
液晶交換の時に、結構見かけます。マークシールが赤になっていたら故障の原因になります。
ポイント:万が一濡れたら、SIMカードを抜くとマークが見れます。赤は注意。
iPhoneデータ移行新しいiPhoneにしたが、データ移行ができなく困っている方に。データ移行をしています。
!できないこと:自分でデータ移行を失敗したりiTunesを使って上書したら残念ですがデータを戻すことはできないです。